DDT打法とは?毎回同じ場所を狙うコツと勝つための機械割UP方法

2020年6月19日

スロット DDT打法

もう今では使う人はいないかもしれません。

スロットを打っている人で、何かしらのブログや動画などを見たことある人であれば「DDT打法」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

言葉の意味自体を理解する必要は実際ないのですが、スロットの打ち方を改めて見直すことで少しでもお得になる可能性があるのです。

せっかくなのでDDT打法の意味を理解しつつ、今の打ち方を根本から改善してみてはいかがでしょうか!



DDT打法とは?

疑問
DDT打法とは小役奪取を目的とした打ち方のこと。

解析サイトや雑誌、解説動画などで必ず言われている「通常時やボーナス中の消化手順」のことで、今ではそれをDDTという人は非常に少なくなってきました。

スロットは毎ゲームレバーを叩くたびに様々なフラグが抽選されており、何かしらの演出が起こり小役が揃うというシステムになっています。

  • リプレイ
  • ベル
  • スイカ
  • チェリー
  • 特殊役

代表的な小役はこのような感じでしょうか?

どの機種を打つかによっても変わってきますが、基本的にはリプレイ・ベルなどは適当に押しても揃うようになっていますね。

ですがスイカ・チェリーなどは特定の箇所を狙っていないと「取りこぼし」てしまい、本来得るはずだった配当が得られないという状態になってしまうのです。

この小役の取りこぼしは長く打っていれば誰でも経験することですが、2枚や4枚場合によっては15枚などの払い出しを損してしまうのですね。

現在のスロットの特性として4コマまでは引き込みアシストをしてくれるのでそこまでシビアに押さないといけないワケではありませんが、それでも小役をこぼしてしまう箇所はあります。

通常時から定期的に揃うレア小役などの取りこぼしを防ぐために考案されたのが、今回解説をしていく「DDT打法」ということですね。

成立役をすぐに察知して取りこぼしのないようにきちんと取得でき、なおかつ効率的にゲーム数を消化できるリールの箇所を狙って打つこと。

現在の機種で多いのは左リール中下段にバーを狙い、下段にチェリーまたは上段にスイカが止まったらその小役を狙うといったものですね。

これも立派なDDT打法です。

名前は知らずとも普段から自然と実行していた人は多いのではないでしょうか?

DDT打法と呼ばる由来と語源は?

何故
ただの小役狙いでしょ?なぜ小役を取りこぼさないような打法のことをDDT打法って呼ぶの?と疑問に思った人は多いのではないでしょうか。

実際僕も昔からすでにあった言葉で自然と使っていましたが、疑問に思ったので色々と調べてみました。

この名称は「パチスロ必勝ガイド」という攻略雑誌が発祥であり、その当時に使われていたDDTという殺虫剤が由来となります。

小役を虫に見立て、根こそぎ退治(回収)するということで命名したとのこと。

DDT

時代を感じますね・・・。

おそらくですが、スロットに通常時小役を狙わないといけない概念が生まれた当初から使われていたのではないでしょうか?

ちなみに「パチスロ攻略マガジン」という他の攻略雑誌ではKKK打法というものが使われており、小役キッチリカッチリのKKKということみたいです。

どちらも雑誌社が作った造語で、定着させようとしてもので中身としてはただの小役狙いということになってきますね。

やる意味あるの?!DDT打法の必要性

図柄
DDT打法の対極にあるのがフリー打ち、またはおやじ打ちと呼ばれるものですね。

機種によってはフリー打ちでも問題ないものもありますが、レア小役であるチェリーやスイカをこぼしてしまう台も多々あります。

さまざまな抽選のほぼ全てはレバーを叩いた瞬間に決まっているので、小役をこぼしたとしてもCZやAT、ボーナスなどの抽選は消えません。

しかしその小役を揃えたときの払い出しは受けられないという状態になってしまいます。

つまり小役をこぼすとどうなるか。

ずばり・・・

「機械割が下がり損をする」

勝つことを意識しているならば絶対にやってはダメなことの1つで、通常時から常に小役をこぼさないように意識して打つ必要があるのです。

機械割については他の記事でも解説していますが、機械割が下がる=収支が下がるということですからね。

絶対に知っておくべき!スロットの機械割(ペイアウト率)の仕組みと考え方

それでは実際に小役の取りこぼしが影響する代表機種として「HANABI(ハナビ)」を見ていきましょう。

ハナビ(HANABI)
設定 合算 機械割
(市場値)
機械割
(フル攻略)
1 1/172.5 98.0% 100.5%
2 1/166.3 99.9% 102.3%
5 1/159.1 103.1% 105.4%
6 1/149.6 106.1% 108.5%
通常時の小役概要

・通常時「並行氷」揃いで15枚の獲得
・「並行氷」の出現率は設定1で1/52.9
・1日8000G回すとすると約150個獲得できる
・枚数換算で合計2250枚の払い出し

フリー打ちで1日打って半分取りこぼすと1日で1000枚(2万円)を損することになる。

これは大げさな例ですが、ハナビのようにレア小役の獲得枚数が多い機種は、必ずDDT打法(小役狙い)をする必要があります。

年配の方など何も知らず打っているのを見かけたりしますが、せっかく高設定に座れたとしても勝てなくなってしまうレベルで損をしているのですね。

ハナビはそもそも技術介入が必要な機種なので打てない人は触らないかもしれませんが、幅広い年齢層に人気のジャグラーで今度は見てみましょう。

アイムジャグラーEX
設定 ボーナス確率 機械割
(市場値)
機械割
(チェリー狙い)
1 1/176.2 95.9% 96.9%
2 1/172.5 96.7% 97.8%
3 1/156.0 98.7% 99.9%
4 1/147.6 100.8% 102.0%
5 1/135.4 102.8% 104.2%
6 1/134.3 105.2% 106.6%
通常時の小役概要

・通常時「チェリー」出現で2枚の獲得
・「チェリー」の出現率は設定1で1/33.57
・1日8000G回すとすると約240個獲得できる
・枚数換算で合計480枚の払い出し

フリー打ちで1日打って半分取りこぼすと1日で240枚(4500円)を損することになる。

小役をこぼすことがどれだけ機械割の損失=収支の損失につながるのかわかっていただけたでしょうか。

ホールを見回すとジャグラーの島なんかでは特にフリー打ちをしている人が多いことが確認できます。

初めて打つ機種は当然ですが、これまで打ったことのある機種も一度DDT打法を確認してみるとまた新たな発見があるかもしれません。

DDT打法のさらなるメリット!

メリット
小役を全て回収しながら効率よく回せる。

これだけでもかなりの効果がありますがDDT打法にはさらに良い点があります。

それはリーチ目を察知できることです。

このメリットは上記で例に出したハナビなどのAタイプ機を打つときにとても実感できますね。

ジャグラーやハナハナなどの台は完全告知機で、ボーナス成立したゲームにランプが光るなどの告知があるので、光ったらボーナス図柄を狙うだけでOKですね。

その一方でハナビやバーサスなどはボーナス成立したゲームには告知がなく3ゲーム後になります。

ボーナスが成立してから3ゲーム後に揃えていたら機械割がだいぶ下がってしまいます。

ではどうやってすぐにボーナスが成立しているか見極めるかというと、止めたリールの出目で当たっている事を判別するわけです。

そのボーナスが成立している特定の出目のことを「リーチ目」といい機種ごとに決められているので覚えると有利になるでしょう。

リーチ目

これは有名なリーチ目である右リール下段にチェリー付きの赤7が停止する「ゲチェナ」と呼ばれるもの。

ハナビだけでもこんなリーチ目が2800通り以上存在すると言われており、毎回フリー打ちしていたのでは察知出来るわけがありません。

ここでも非常に役に立つのがDDT打法です。

例えば左リール黒BARを上段に狙ってから右リールをフリー打ち、風鈴と氷がWテンパイした場合は小役はずれでボーナス確定…など。

自分が打つ機種は多少なり慣れていく必要はありますが、リーチ目を覚えずとも法則崩れなどを知るとある程度はボーナスを察知することができます。

DDT打法で同じ箇所を狙っていると停止型がだいたい同じようになるので、フリー打ちした時よりもリーチ目は10個前後にまで減るというのもメリットですね。

スロットを長く打って価値を目指すということは1ヶ月、1年単位でも数え切れないほどのボーナスを引くわけですから、毎回告知があってから揃えるようでは大損していることは忘れずに。

ですが自分でボーナスを察知して揃えられるようになるというのはそんなメリット以上にスロットの根源的な面白さにつながるものだと思います。

初心者の方はぜひチャレンジしてみましょう^^

勝つためにはまず打ち方を変える

ステップアップ
今回はDDT打法について解説させていただきましたがいかがだったでしょうか?

スロットで勝つための手法は天井狙い・設定狙いなど色々とありますが、まずは打ち方をマスターして1日8000Gなど回せるようになることが最重要です。

DDTもKKKも由来はダジャレのようなものですが、スロットで楽しむためにも勝つためにもその内容は損しないための打ち方なのですね。

どのような機種でもネットで調べれば打ち方を解説しているサイトは沢山あるので、自分が打つ際には必ず調べて損しないよう注意しましょう!

慣れてくると調べなくても自分で打ち方を模索することも出来て、リーチ目の発見などスロットをもっと面白く打てることは間違いないです^^