パチンコの固定ハンドルは違法?プロが使うバレないやり方はあるのか

パチンコでハンドルを動かないようにするための固定ハンドル。

玉を飛ばすために常にひねっておかないといけないため、コインなどを挟んで固定することで楽に遊戯する人も非常に多いです。

そんな固定ハンドルですが違法などという話も出ており、表立ってやるものではありません。

今回こちらでは固定ハンドルがなぜ違法と言われているのか、そしていつから固定ハンドルが禁止になったのか詳しく解説をしていきます。



固定ハンドルの仕組み


パチンコでは玉を盤面へと飛ばすためにハンドルをひねることが必要です。

しかもひねり過ぎると、右に飛んでいってしまうため、上手く盤面の左上を狙って安定させないといけません。

慣れてくると全く違和感はないのですが、1日中ハンドルをひねったままだと手首が痛くなりますし、いつの間にか狙っている場所からズレていることもあるのです。

そのようなことを防ぐために昔からユーザーがやっていたのが、ハンドルの隙間にコインなどを挟んで動かなくする固定ハンドルです。

実はこのハンドルですが、銀の部分に触れているだけで感知され玉が飛ぶ仕組みになっているのですね。

ですので、玉を飛ばす位置、ストロークが定まったらそこでコインを挟み固定、後は銀色の部分に指を1本でも添えるだけで打つことが出来るので非常に楽です。

現に年配のお客さんでも当たり前のようにハンドル固定している光景はよく目にしますし、それを見て見ぬふりする店員さんもいます。

ですがこの固定ハンドルは風営法により取り締まりされる対象であり、ホール側も固定ハンドルはご遠慮くださいと注意書きがが必ずされています。

風営法違反になるのはなぜ?


パチンコ屋は風営法で厳しく規制され、警察の指導なども入ることもあり営業するのにかなり苦労しているのです。

例えば新台入替えなどでも、事前に導入する予定の台や位置など、番号順が一つ違うだけでもNGですし、毎回新台オープンする前にはしっかりされているか立ち会いが入りますね。

そんな厳しい風営法の中に、「パチンコ・スロットは遊戯であり、ギャンブルではない」という何とも不思議な認識があるのです。

要はオートプレイなどで勝手に玉が出て勝手に当たるシステムなどは遊技機ではなくギャンブル機になるからダメということになるとのこと。

だからパチンコはハンドルを自分で操作しないといけないですし、スロットもレバー、リールを止める動作も全て客が自分でやらないといけません。

これがハンドル固定を禁止している理由で、同じような理由でスロットの目押しを店員さんが止めてくれないのも同じような理由ですね。

ですので、このハンドル固定が違法になるというのは、客が違法なことをしているのではなく、ホール側が違法行為で摘発される可能性があるから禁止されていることなのです。

もしあなたがハンドル固定をしていても、ホールからの注意、出入り禁止などの措置はあるかもしれませんが、警察に捕まるなどはないのでご安心ください。

ハンドル固定に使われるもの

小銭
基本的に多くのユーザーは未だにハンドル固定をしていますが、暗黙の了解、黙認しているホールもやはり多いです。

そこでどのようなものが固定のアイテムとして使われているのかを紹介しておきます。

  • コイン・メダル
  • 固いカード
  • 折った紙
  • パンの袋を閉じるやつ
  • 小さなプラスチック

スロットのメダルは厚すぎてハンドルの間に挟まらないため、多くの場合は1円玉もしくは10円玉が使われることが多いですね。

お財布に小銭は入っていることがほとんどでしょうし、普通に遊戯をする際に現金を使うわけですし、その流れで小銭を出して挟んで遊戯開始という流れです。

色々使う人はいますが、実は15年以上前、僕がパチンコ屋で働いていた時代には固定用の三角のプラスチックがホール側から提供されていたこともあったのです。

もちろん「固定用」などとは書いていませんが、カウンターやおしぼりの横に大量に作って置いていたのはいい思い出。

当然ですが、僕もそのプラスチックを常に財布に入れておきしっかり固定して遊戯していました。

ですが丁度その時期にプラスチック提供の件で摘発されたホールが出てしまったため、そこからはヤバいと思ったのか、一気に近隣のホールからも全て提供が終わりましたね。

プロはハンドル固定している?

お金
ではここで長時間パチンコを打つプロは固定ハンドルをしているのかという疑問ですが、これは完全に人とホールによるとしか言いようがありません。

プロは基本的に日当のでる調整の甘い台、技術介入で何とかなる台しか打ちませんし、そこで期待値を発生させそれを毎日繰り返すことが稼働となります。

最近ではパチンコの良釘狙いだけでなく、遊タイムがついたことから、天井ハイエナでパチンコを狙い打つ若い層も増えてきましたね。

僕も遊タイム狙いなど当然ホールに行けば打てそうなら全然やりますし、むしろ今でもホールに行くとそのような期待値がある台しか打たないです。

だからというわけではありませんが、僕個人では最近一切パチンコでの固定ハンドルはせず狙っていますね。

プロ行為、ハイエナ行為などはホールのハウスルールで制限しているところもありますし、目をつけられている場合も全然あります。

そこで横柄な態度、ハンドル固定などしてスマホを台に置きダルそうに打つようないかにも打ち子っぽい状態で打っていると、すぐ出禁になってしまうこともあるでしょう。

僕はもう専業ではありませんが、長く近隣のパチンコ屋では隙間で稼がせてもらいたいので、極力目立たないよう注意を受けないように固定ハンドルはしていません。

皆やっているから許されるのは一般客


固定ハンドルはもちろんですが、違法な行為でありホール側は注意することが義務付けられているのです。

まあ今でも僕は多くのパチンコ屋に通っており、そこまで厳しく声掛けしている現状は見かけない気もしますが…。

例えば悪気なく、昔から通っているおじいちゃん・おばあちゃんは、店員さんも見て見ぬふりをして黙認するケースもあるかもしれません。

だから自分も大丈夫だとやってしまうことはあるでしょうし、それを絶対に止めることは出来ません。

ただし勝ちを目指す、常にプラス収支を狙って立ち回っている立場だと、あくまでホールに稼がせてもらっていることは忘れずに。

ホールから嫌われると、ちょっとしたルール違反を理由に出禁を言い渡されることもあるので注意して立ち回ってみてください、知らなかったじゃ済まされません。