パチンコのライトミドルが流行った歴史・スペック・必要な軍資金は?

今やパチンコ屋の主流ともなっているライトミドルタイプのパチンコ。

ミドルタイプよりも当たりやすい性能で、大体が1/200前後の大当たり確率なので、大怪我する可能性は低くなってきます。

丁度よい大当たり確率で、支持しているユーザー層も多く、今では規制の影響もありライトミドルのパチンコは増えてきましたね。

今回こちらではいつからライトミドルが増えてきたのか、そしてどのくらいの軍資金で遊ぶことが出来るのかなど詳しくご紹介していきます。



ライトミドルとは?誕生の歴史

歴史
パチンコが盛んになってきたのは、液晶がついて様々な演出が追加された2000年代から。

それまではほとんどが釘調整のみで、ハネモノのような形で楽しまれてきました。

液晶で内部的な大当たりの仕組みが導入されることで、入賞口、スタートに玉が入ることにより大当たりの抽選をするシステムが一般的となっています。

その大当たり確率によりそれぞれ分類されており、ライトミドルは1/200前後の大当たり確率の機種でそう呼ばれるようになりました。

昔は1/500や1/400など、大当たり確率が重い変わりに、出玉性能が高く連チャンもする仕組みが流行っていました。

ですがそれは時代の背景もあり、不景気になってきたこと、規制が厳しくなってきたことにより、MAXタイプは全撤去になり、最高でも1/320以内の機種しかホールにはありません。

メイン機種はやはりミドルタイプですが、それでもホールの多くにライトミドルが増えてきた印象があります。

2000年代の初期には、ライトミドルは甘デジと同じ立ち位置で、ワンコーナーあれば十分なほどでした。

大まかなライトミドルタイプの分類

  • MAXタイプ(1/400)
  • ミドルタイプ(1/300~1/350)
  • ライトミドル(1/200~1/250)
  • 甘デジ(1/100前後)

MAXタイプはすでに撤去されていますので、現在はミドルタイプがホールの大半を締め、次に多いのがライトミドルスペックですね。

意外と遊びやすいことから、1/199などが一番良く見る大当たり確率ではないでしょうか。

僕も20歳くらいのときは、1万円~2万円を握りしめて勝負することも多く、MAXタイプやミドルタイプが怖くてライトミドルを探して打っていましたね。

甘デジでは勝っても少なすぎるので、丁度いいスペックとしてホールの主流になってきたことは、個人的に遊びやすくて良いかなと思います。

では実際にどのくらいの時期からライトミドルが増えてきたのか、実際の機種スペックを見ていきましょう。

現在のライトミドルと比べてどのような確率とシステムだったのでしょうか?

大きくパチンコを変えた銭形平次

CR銭形平次 with チームZ
大当り確率 1/198.6
確変率 100%
ST 74回転
大当り出玉 約500玉or約2000玉

2011年に登場した「銭形平次」がパチンコ業界を大きく変えた機種としても知られています。

プロならほとんど知っているでしょうが、右打ちの技術介入でモリモリ増えた機種で、この時代の京楽は技術介入機の全盛期としても人気が高かったのです。

その印象が強いおかげで薄れてしまいますが、ライトミドルスペックが大人気となったのもこの銭形平次くらいから。

2010年までは京楽でもあしたのジョー、キン肉マンなどミドルスペックやMAXタイプなどばかりでしたので、ここから時代が変わっていったと言って良いでしょう。

年配層にもプロにも人気だったことから、全体的な客付きが良かったことで、ライトミドルスペックがどんどん増えていきましたね。

それでもやはり5台~10台のサブ機種として置かれることが多く、島単位で置かれる機種にはまだまだミドルタイプ以上が多い時代でした。

更に大ヒットしたシンフォギア

CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア
大当り確率 1/199.8
時短 1or7回転
大当り出玉 約392~1470玉

そこから更にライトミドルに火をつけたのは、個人的にシンフォギアの影響が大きい気がしますね。

2017年に設置された初代シンフォギアは、V入賞を搭載した確変タイプやSTタイプとはまた違ったスペック、1回大当たりをした後に、数回転の時短を経てV入賞するシステムです。

現在では1種2種混合タイプとして主流になりましたが、当時はまだまだ主流とは言いにくい状況で間違いなくシンフォギアでブームになったと言えるでしょう。

シンフォギアも島で置かれるほど人気になりましたし、メーカーもライトミドルで十分にヒットする機種が作れることが分かったので、そこからも一段階増えてきた印象があります。

たしかに当たりが比較的軽くて、50%ほどと通せると爽快感のある連チャンが望めるのであれば変化もあり楽しいです。

海物語などの平坦な確変タイプが昔から好きな人も多いですが、やはりこのような脳汁が出るようなポイントが多い機種ほどハマる人が多いのではないでしょうか。

ライトミドルでも投資額には注意

換金
ではそんなライトミドルスペックですが、1/200だからといって安易に座るのは危険です。

もちろんミドルタイプよりは当たりやすく遊べるスペックにはなっていますが、最初の突破率50%などの仕組みが結構キツいこともあるのですね。

最近の台でよくあるのは、初当たりは300玉~400玉しか取れず、50%を通さない限りそもそも出玉を得ることが出来ないというもの。

結局しっかり連チャンして戦えるチャンスを得るには、実際1/400ほどではないか?と思うほど、連続でスルーするとかなり負けます。

これが例えばミドルタイプの海物語など、1回でも当たれば最低でも1000発以上は出るので、被害は少なく収まりますが、当たらないときはこちらも本当に当たりません。

どんなスペックで遊ぶかにもよりますが、ライトミドルでも結局は最低でも3万円以上の軍資金は用意しておきたいところですね。

それでもMAXタイプの10万使って当たらない時代を経験していると非常に軽いとは思いますが、それでも大金なのは間違いありませんので、余裕がない場合は甘デジや低レートを選択することも視野に入れましょう。

メイン機種になりにくいライトミドルはどうしても釘の扱いなどが悪い傾向にもあります。

ミドルタイプよりホールの扱いが大事

分析
どんどん増えてきたライトミドルタイプですが、まだまだホールの島を占めるのはミドルタイプが多いです。

問題はメイン機種に力を入れるホールは、どうしてもサブ機種などの扱いが悪くなることに注意が必要ですね。

旧イベントや人が集まるときには、やはり設置台数の多い機種の扱いが良くなり、常連さんなども基本的にはそのような機種を狙っていきます。

もしメイン機種や新台などが取れないとき、そのまま帰らずに何かしら打つ人がほとんどでしょうが、旬ではない機種や別のコーナーは結構釘がキツい印象がありますね。

甘デジコーナーなどは平常からほとんど変わりませんが、ライトミドルコーナーをわざわざ回るようにしているホールは少ないです。

好きなライトミドルをせっかく打ちたいと思っても、少しでも負ける確率を減らすため、しっかりと大事に使っているホールを探してから打つようにしてみてください。