パチンコ屋の抽選は不正で勝てない?抽選システム別の攻略法や裏ワザ

抽選

パチンコやスロットで新台や狙い台を抑えるためにはまず朝一の抽選を突破する必要があります。

田舎の方だとまだまだ並び順メインのホールも多いですが、8割方は抽選で入場順が決まるというところがほとんどではないでしょうか?

僕は長年プロとしてやってきましたが、抽選は何回受けたことかもう数え切れないくらい引いていますね。

その経験から例えば抽選システムにムラがあるのか、そして不正操作など可能なのかという面も踏まえて抽選を攻略する方法をお伝えしていきます。

良台を狙う上で抽選は非常に重要

重要
パチンコ・スロットで勝つということは釘の良いパチンコや高設定のスロットを打ち続けるしかありません。

ハイエナなどもありますが、王道の立ち回りと言えば良台をツモって1日打つことで、なるべく回らない台・低設定は打たないことが必須です。

ただパチンコ屋は営利目的のため、ほとんどの台が回収調整をされていることは言うまでもありませんね。

そんな中で還元日などに良台を座るためには、ホールごとの癖を読むことや過去の傾向から狙い台を絞っていく必要があります。

ただ鉄板である狙い台を見つけたとしても、残念ながら簡単なほどライバルが増えて競争率が高くなり座れないということになってしまいます。

ですので、予想的中が100%近くてもライバルが100人以上いて取れないことが多いのではないでしょうか。

良台メインで狙うということはホールとの読み合いもありますし、ライバルが多すぎるような抽選に参加することは出来る限り避けるようにしなければなりません。

抽選方式はホールにより様々?

抽選方式
そんな抽選ですが、元々はこのようなガラガラを使ったり手書きの紙を折って抽選箱に入れるなどがあります。

今でも抽選箱に紙が入っており手で中から取り出すようなところもありますが、大体の大手ホールなどは抽選の機械が導入されておりボタンを押すだけでOKという風に変わってきました。

また最近ではネットでの抽選方式も取り入れられており、まだ都会だけですがこれから全国的に広がっていく可能性も高いです。

  • ガラガラを使った福引スタイル
  • 抽選箱にプレートor紙を折りそこから引く
  • 抽選機によりボタンで決定
  • ネットで事前に応募して抽選参加

この4つが主流でどれも基本的にはランダムということは間違いないでしょう。

自分1人で抽選に向かうなら前の方に並んでも後ろの方に並んでも正直変わらないと思いますが、偏りを感じることはないでしょうか?

ここからはそれぞれの抽選方式でどのような攻略法が有効なのか、意図的に悪い番号を引かせることが出来るのかなどをお伝えしていきます。

もしかしたらライバルは何かしら知っていて早い番号ばかり引いているかもしれませんよ。

プレートなら癖・紙なら入れる順番に注目

抽選箱
まずは原始的な抽選箱にプレートや紙を折って入れる方法ですが、覗き込んで確認は目立ちますし目の前に店員さんがいるわけですから堂々と出来ません。

ですので、事前にある程度予測を立ててから早番になりやすい方法を模索するのも攻略法かなと思います。

まあ、誰にでも思いつくような方法ですがまずは使い回すプレートなら角の折れ目や修復シールなどの癖がないか何度も通うなかで確かめて行く方法。

もう10年以上前の話ですが、とあるホールでは100番以内と100番以降ではプレートの手触りが違うというところもあり、箱に手を突っ込んで多少手探りすると高確率で分かるということがありました。

もちろんずっと探していると不自然なので絶対に毎回引くわけではなく、ある程度触ってダメなら諦めることも混ぜていましたね。

前の方に行けるかはまた別になりますが、このような癖を知っておくと当然ですが差がついてくる部分です。

また紙の場合は抽選箱に入れる順番を見るというのも1つの方法ですね。

人数を数えたら、その人数分の紙を折って抽選箱に入れていくホールも多いですが、ちょっと振っただけで全然混ざってない状態で開始されることもあります。

そうすれば自然と底の方に良番が眠っている可能性は高くなるので、奥の方から取れば良いだけですね。

誰でも思いつくような気休め程度の攻略ですが、ホールごとにそのようなことが可能なのかを研究するのはタダで、観察して攻略すること自体はルール違反でもマナー違反でもありません。

抽選機は偏りを作れる設定が存在?!


攻略出来るか気になる部分では、機械による抽選で操作されているかもというシステム的なことですね。

これは実際にホールの抽選機というのは、完全ランダム方式と前の方で早番が出やすい設定など、多少なり抽選方式を変える設定がどうやら存在するようです。

よく言われているのが、抽選でも早く並んだ人たちに早番を引いてもらうために、とりあえず前の方に並んだほうが有利になるということ。

実際長く経験してきた中で、偏りを感じたこともありますが、結論から言えばサンプル不足のため計測が出来ないというのが問題です。

ホールごとにデータを取らないといけないため、人数を集めてどの辺に並んだときの良番率が高いかなどサンプルを集計しないと攻略はハッキリ言って出来ません。

個人で毎年通った300日分のデータですらアテにならないこもありますし、平常営業と特定日で設定を変えている場合もあるかもしれませんね。

ですので、このような機械抽選の場合、考えてもキリが無いということだけは知っておいて欲しいです。

もちろん特定の人だけを悪い番号に操作して毎回合わせるなどは絶対に出来ないのであくまで全体的な偏りを作れるかもよくらいで考えておくと気が楽ですね。

引き子を雇う人が年々増えている?

千円
抽選と言えばやはりどこにでもあるのが、複数人を雇って抽選を有利に受けようとする引き子の存在。

詳しくは引き子の記事に書いていますが、先程までの攻略などと違いホール側で禁止されている不正行為としてみなされることが多く止めておいた方が良いです。

パチンコ・スロットで勝つために抽選で「引き子」は使うべき?

普通だと友人や家族などの頭数を揃えてというのが出来る限界でしたが、Twitterなどの発達でプロや軍団が求人しているツイートなど見たことありませんか?

実際に抽選引くだけで1000円~2000円くらいもらえるとなれば、集まる人もいるでしょうし、軍資金など渡さないので特にトラブルも無いでしょう。

そういうこともあってか、最近狙い台が濃いホールに行くと若い子が何人も引き連れてという光景を結構目にするようになりましたね。

ただし機械の抽選機はカメラが付いていて顔と番号を記憶している最新型なども出てきていて、実際に知り合いが細かい番号まで全て把握されて交換を指摘されて出禁という話も聞きましたので交換などは要注意。

有利になることは間違いないでしょうが、個人的には長くその地域でやっていくなら出禁リスクのあることは極力控えた方が良いのかなと思います。

抽選が遅くても狙えるスキルが必要

経験
長く勝ちを目指して立ち回っていると、毎回同じ狙い方というより時期や導入されている台の種類によりどんどん変わってくることがほとんどです。

その変わり目に気付かないままズルズル同じことをやっていると、ライバルが増えたり取れる確率が低くなって勝ちにくくなってしまいますよね。

ですので、ホールの癖とライバルの動きを両方考えて、後ろの方でも戦えるような狙い台、立ち回りを身につけることも勝つためには必要になります。

また新イベントやちょっとした示唆1発目などはまだ情報が出回っておらず数回は美味しい思いを出来るので、そのような気付きが出来るかも左右されますね。

僕はガチガチでやっていた時期は細かい情報は全て打っている最中などに探っていましたが、今は鉄板日に抽選勝負だけ戦うというスタイルに変わりました。

人それぞれ使える時間は違うと思いますので、本気で勝ちを目指しに行くのであれば、それなりの絞る時間も必要、手駒ホール数を増やすことも考えるべきです。

そうすることで、毎回抽選勝負にならず、違った狙い目で収支を安定してプラスに持っていくことも十分可能なので、色々と研究してみてはいかがでしょうか。