乱れ打ちは絶対にダメ!パチンコ・スロット初心者に多い負けるパターンの1つ?

乱れ

「心の乱れは稼働の乱れ」

僕が昔からずっと感じているのですが、パチンコやスロットで次々に台を移って乱れ打った時ほど負けることはないと思っています。

勝てるようになった今ではその理由も分かりますが、負けている時は何やってもダメと感じる人も多いはず。

結論から言えば乱れ打ちをしている時点でまずトータルで勝てることはないと知っておきましょう^^;

こちらではそんな乱れ打ちがダメな理由と、どのように変化させていけば良いか負けている状態から勝つための立ち回りをお伝えしていきます。

そもそも乱れ打ちはどのような状態?

チェックリスト
パチンコ・スロットにて正攻法で勝とうと思うのであれば、まずは勝ちやすいところだけを狙って打つということが大前提の立ち回りになります。

パチンコの場合はよく回る台をまずは目指す。

スロットの場合は、高設定や天井に近い台を探すという行動が必要で、これ以外は選択肢はありません。

ですが、良釘・高設定を朝一から毎日座れるようなら、悩むこと無く苦労はしませんよね^^;

どんなに上手いプロでも、低設定を打つこと、パチンコの全然回らない台を試し打つこともあるでしょう。

これは良台を探すという行為であり正しいのですが、初心者や勝ち方を知らない人は、色々と台を移って挙動を見ることが正解だと思っています。

それは間違いで、何故その台に座ったのかという確固たる根拠が無い限り、全て運任せな養分打ちと呼ばれても仕方ないですね。

「ちょっと回してみよう」をヤメない限り乱れ打ちしている状態に陥ってしまっているということです^^;

なぜ人は乱れてしまうのか?

何故
僕は負けていた時代に台を次々に移動して、当たったらヤメて他機種を楽しむという行為をしていました。

だからこそ最初にお伝えしますが、好きな台を好きなタイミングで打つ趣味打ちは何も問題ないです。

勝ちを目指して負けを無くしたいと思う人は、好きな台を打つということは控えるべきだということですね。

これはやはり誰しもホールに入ると打ちたい欲がありますので、最初はいかに打たないかを身につけることが一番重要といっても良いでしょう。

僕は長くプロとして経験しているので、朝抽選に参加してリセット恩恵だけ打って帰るなども結構多いです。

乱れというのは、打ちたい・当たりそうという欲と期待感から来るもので、ユーザー全てがこの気持ちを持っているのではないでしょうか^^;

現実はパチンコ屋のほとんどの台は回らない・低設定という事実がありますよね。

特に設定狙いなどは上手いプロがツモっていることも考えると、適当に座ってもまず高設定である可能性は低いので注意が必要です。

表面上のデータに一番気をつけること

アイムジャグラーEX
設定 ボーナス確率 機械割
(市場値)
機械割
(チェリー狙い)
1 1/176.2 95.9% 96.9%
2 1/172.5 96.7% 97.8%
3 1/156.0 98.7% 99.9%
4 1/147.6 100.8% 102.0%
5 1/135.4 102.8% 104.2%
6 1/134.3 105.2% 106.6%

パチンコは表面上で回転数は分かりにくいので、釘見と試し打ち次第となってきますが、スロットの場合は非常に騙されやすいので特に注意が必要です。

例として分かりやすいジャグラーでお伝えしますが、ボーナス確率などは上記の通りで高設定ほどREGが先行しやすいという特徴がありますよね。

そんなジャグラーですが、良い確率で空いていて座ることも結構あるのではないでしょうか?

では実際にどのような状態で落ちていて、どのパターンに一番座りたいか選んでみてください。

どれに座る?

・BB20 RB20 合算1/130
・BB10 RB10 合算1/100
・BB5 RB10 合算1/150

どうでしょうか?

ここで即答できる人は、逆に危ないです。

というのも、これらの台が3つあったとして曜日やホールによっては全て高設定の可能性もあれば低設定の可能性もあるのですね。

厄介なのが1日単位では確率が設定通りになることはほとんど少なく、序盤たまたま確率が良いだけということもありますし逆に後半伸びてくることもあるでしょう。

結局スロットで難しいことは、確定演出が出ない限り表面上のデータはほぼ当てにならないということ。

だからこそ、初心者は天井狙いなど狙い目とヤメ時が表面上でハッキリしているプラス確定の立ち回りだけをする方が安心ということですね。

メンタルでも立ち回りがブレる

メンタル
ジャグラーに関しては、安易に良いデータに飛びつかないなどはいくらでも対策が出来ます。

見つけた台に高設定が入っているだろうという根拠が作れない限り、座らないという選択は自分の気持ち次第で変えられる行動ですよね。

ただこれらの決め事を自分で破ってしまう原因はやはりマイナス収支にあると僕は思っています。

負けていたら取り返そうとして無理やり何かしらの台を打ってしまうこと誰でもあるのではないでしょうか^^;

勝っている時は勝ち逃げだ~と言って綺麗にヤメて満足して帰るというパターンは、僕も昔はよく経験していたので非常に分かりますよ。

ですが、勝ちを目指す立ち回りというのは、天井狙いなどもそうですが、1回で数万円負けることもザラにあるということは知っておきましょう。

何回か試してみて5万負けたからもうやらないなど、マイナス収支を理由に立ち回りを変えてしまうことだけはやめましょうね。

設定6確定が出て3万負けていたとしても、最後まで打ち切ることが正義であり、後半で出る見込みがないなど勝手に思い込んではダメです。

このメンタルはやはり軍資金の問題にもなってくる部分で人により負担になる気持ちが違うでしょう。

ある程度資金に余裕を持って取り組んでいる人なら、10万円前後減ったところで特に気にならないです。

雇われていると自分で考えて決めるという部分でメンタルが整っていないことも多いですね。

自制心とも言われますが、本気でパチンコ・スロットで勝ちを目指す場合には、多少強いメンタルも必要になってくるでしょう。

勝つためのコツは勝っている人に学ぶこと

勝つ
パチンコやスロット常に勝つというのは、全ユーザーの中でも1割以下と言われています。

年間でプラス収支を出す人ですら1割以下なわけですから、生活できるレベルまでプラス収支を出している人は希少種ですよ。笑

ですので、周りの友達の意見やギャンブルだと言って否定する人の意見は全て突っぱねるべきという環境の問題もありますね。

理屈をどんなに説明しても分からない・理解しようとしない人はやはり多いので、僕は割り切って無理に説得したりしなくなりました。

正直このサイトを見て色々と考え方を変えて勝ちたいと思ってくれる人に伝われば良いかなと思っています。

もしも周りに勝ち組、本当に立ち回りを理解している人がいたら素直に意見を聞いてみてはいかがでしょうか!