パチンコ屋で友人とノリ打ちする際に揉めないように必ず決めること

共有

パチンコ屋で言われている「ノリ打ち」とは、知り合いと全ての出玉を共有して収支を分け合う方法ですね。

運要素が絡むパチンコ・スロットでは複数人で収支を一緒に分けたほうが負ける確率が低くなり、友人とやる場合も多いです。

ただしやはりお金が絡むことなので、仲間内だとしてもしっかりルールを事前に決めておかないと後で揉めることもありますね。

こちらではそんなノリ打ちをどのようにすると良いのか、事前に決めておくべき項目をお伝えしていきます。

お金が無い頃はノリ打ちが多かった


僕はもう10年近くプロして稼働してきましたが、そのときはノリ打ちという感覚は無くなっていました。

ですが20代前半のまだ負けていた頃は、少ないバイト代でホールへ向かい毎日コテンパンにやられていたことを思い出します。

学生やフリーターなどある程度時間に余裕がある場合、休みの日などに友人でホールへ遊びに行くことも多いのでは無いでしょうか?

今でも結構若い子を多く見かけますし、1人でいるよりも2人以上でワイワイ盛り上がりながら抽選を受けている姿も目にします。

僕も友人と一緒に抽選して、全ての最終収支を分け合うノリ打ちをしてなんとか乗り切っていましたね。

3万負けるとダメージが大きく1人だと凹んでしまいますが、相方が3万勝っていれば実質チャラになるので、遊び打ちとしてもリスク回避としてやっている人も多いはずです。

前日や抽選前に必ず確認すること


このノリ打ちですが、お金が絡んでくるのでお互い認識しているルールにすれ違いがあると結構険悪になることもあるので注意が必要です。

どちらも遊び打ちや適当に台選びをする場合には、それぞれの動き方で大きく収支が変わるので好き勝手やるわけにもいきません。

  1. 軍資金はいくらまでにするのか
  2. 台移動は確認するのか、自由にやるのか
  3. 最終的な収支を綺麗に折半するのか

遊び打ちだとしてもザックリと狙い台を前日に決めるでしょうし、ノリ打ちするのであればどんな結果になろうともお互いに納得することが必要です。

ですので余程信頼できる仲間じゃない限り気軽にやるものではないですので、安易にちょっとした知り合いとやらない方が良いかなと思いますね。

確かに収支を分け合うことにより、何とかプラスを目指すことが楽しくて僕も何度もやりましたが、信頼できる人としか一切やっていません。

ある程度の年齢になってくると3万円や5万円負けてもそこまで痛くないという場合もあるので、その際は常に自分1人でやった方が良いかもしれませんね。

お互いに勝ちを目指す場合は有利?

積み重ね
僕はプロとしてやっていたころも、相棒と一緒に2人以上で立ち回ることが多かったです。

例えばスロットの設定狙いをやっているときでも、50%の確率でツモれる状況というのは結構ありましたが、2台とも抑えてしまうのが一番手っ取り早いですよね。

ただ1人だとどちらかを選ばないといけませんし、数日連続でチャンスを逃して設定6を打てなかったなど何度も経験しています。

その点2人以上で立ち回ることにより、片方がツモりさえすれば期待収支は半分にしても十分ですし、ツモれなかった人はハイエナなどで上乗せすれば良いです。

こちらも顔見知りのプロだからやるのではなく、長く同じ地域で古い友人だからできることでしょうね。

その当時の収支も未だに覚えていますが、やはり1人よりもかなり安定しましたし、抽選ゲーなどの1人では立ち向かえないところでも戦えるのはやはり安心です。

ノリ打ち・回し打ち厳禁のホールでは注意

注意
勝ちを目指す場合には当然注意すべきことで、趣味打ちの場合でも注意しないといけないことが出禁リスク

複数人でのノリ打ち、出玉共有や交代して1台を回すなどはルール違反として厳しく取り締まっているホールも多いので店員の目には敏感になる必要があります。

プロが打ち子を使い回し打っていると判断されることもありますし、1度注意されるとそれ以降目をつけられることもあります。

マナー的な問題もありますが、1台を複数人で囲んで後ろから見ているなどしていると、通路も通りにくくなりますし迷惑と感じる人もいますからね。

ノリ打ちとして決めたとしても、なるべくラインでのやり取りで済ます、ホール内では短い会話のやり取りで済ますなどした方が良いかなと個人的には思います。

一番やってはいけないことは、隣の空いている台に座ってダラダラと会話することで、すぐに注意されます。

一瞬で出禁になったカップルの話

カップル
とある日、僕がよく通っている厳しいホールに、カップルで立ち回っているセミプロがやってきました。

他のホールでは見かけていたのですが、男がとりあえず女に適当な台を打たせて、どちらかがツモったらそれを交代に回すという目立つことをしていました。

男はとにかく徘徊して張り付きも平気でして良い台を女に打たせる立ち回りだったので、よく見かけていましたが関わらないようにしていましたね。

そんなカップルが厳し目のホールでスロットイベント狙いに、朝一から初めて来ていたので僕も打ちながら様子を伺っていました。

僕が打っている台の後ろで、1台良さそうなAタイプを女に打たせて男はずっとその島に立っていましたね。

そのホールでは回し打ち・徘徊など禁止でプロ行為はすぐに出禁にすることで有名だったので、案の定そのカップルも午前中に見事途中交換させられていました。

知識が無く打てない彼女を連れていく彼氏というのは全国どこにでもいると思います。

ただ勝ちを目指して立ち回るのであれば、正直彼女も独立して立ち回れない限り出禁や警戒されることも多くなるので、連れて行くのはあまりおすすめしません。

お金の貸し借りだけはNG

借金
パチンコやスロットなど一般的にはお金が絡むギャンブルと認識されているので、お金の貸し借りは絶対に止めておいた方が良いです。

僕も正直学生の頃には負け組で、友人に数十万借金をしてまでパチンコ屋に通っていた時期もありました。

彼女との大事な旅行の目前で、旅行費をスッて迷惑をかけたこともありましたからね。

パチンコ・スロットにハマってお金を借りるという行為は絶対に抜け出せない中毒のようになりますし、逆にそのような状態の人に貸す行為もやめた方が良いです。

9割以上の人はトータルで負けるようになっていますので、余程知識がありプロとして立ち回ってないと安定して勝つことは出来ません。

ノリ打ちしてリスクを減らして負け額を少なくすることも出来ますが、根本的には変わっていないので本当に勝ちたいならそれ相応の立ち回りが必要です。

お金の貸し借りをするくらいなら、少しでも努力して勝つ方法を身に着けてから自分のお金を使える範囲内で楽しんでいきましょう!

安定して勝つと、世界が変わりますよ。