出玉共有OKは罠?パチンコ・スロットで勝つには共有しない方が良い理由

パチンコ・スロットでは友人や家族と遊びに行った際、出た玉やメダルを自由に共有して使っていいよというルールがあります。

もちろんこれはホールのハウスルールとなり、出玉共有NGにしている店もあるので、事前に確認する必要があるでしょう。

そんな出玉共有ですが、プロとして長く立ち回っている中で、あまりしない方が良いという結論に至りました。

その理由と勝つためにはどのようなことを考えないといけないかを細かく解説していきます。

全てはホールのハウスルールに従うこと

ルール
まず大前提としてですが、出玉共有など細かい部分などはパチンコ屋により全然変わってきます。

パチンコでもスロットでも台の横に注意書きとして書かれていることが多いので最初に確認しておきましょう。

もし書かれていない場合にも共有OKなのか店員さんに聞けば分かることですし、禁止されていることを隠れてやることはおすすめしません。

厳しい店舗では共有自体をそもそも禁止とされているところもありますし、何度もやっているとグループ打ちと判断されてマークされることもありますね。

普通に趣味として負けても良いやという風に遊んでいるのであればルールさえ守っておけば全く気にする必要はありません。

ただ勝つことを目指すこと、よく言われている稼働という目線でやっていく場合にはちょっとした違反もしないよう気をつけて立ち回る必要があるでしょう。

出玉共有のメリット

メリット
パチンコ・スロットでは会員カードなどを使わない場合、基本的に現金をサンドに入れて、当たるまでとにかく現金を入れ続けるのが普通です。

そして大当たりしてある程度纏まった出玉を獲得することにより、その持ち玉・持ちメダルを使いわざわざ現金を入れずにプレイできるというシステム。

出玉共有とは2人以上で行った場合に、一番最初に当たった人や長く連チャンしている人の出玉を使って遊ぶことですね。

この出玉共有をした方が良い理由は、「非等価による現金ギャップを無くすため」にあります。

要は非等価の地域では現金を入れれば入れるほど損するということですので、会員カードの貯玉を使う、もしくは出た玉を共有することで現金を入れないようにすることが勝ちに繋がります。

当然勝つために稼働しているプロはこの現金ギャップについてはシビアに考えていますし、複数人でやる場合にはなるべく共有してロスを減らすということですね。

出玉共有のデメリット

デメリット
そんな明らかにやった方が良い出玉共有ですが、一番のデメリットは目立って軍団と勘違いされてしまうこと。

趣味打ちとして何も考えず友人同士で行って共有する、そして年配の夫婦がパチンコでお互いの玉を共有して楽しんでいる場面はよく見かけると思います。

ですが、勝つために立ち回るということはそれだけで目立ってしまいますし、ホールからプロ認定されて目をつけれらることもあるのです。

ですので同じように一般ユーザーとして出玉共有していてもプロ認定のグループ打ちとして注意されたり、あまりやると出禁だとと通達される可能性もありますし、実際にその現場を何度も見てきました。

もし複数人でやる場合にも、なるべくは共有は避けて個人個人でやっているように見せないとあっという間に警戒されてしまいますね。

もちろん注意されるまでやるという人もいますが、ホールに食わせてもらっている立場ですし、極力目立った行動は避けるほうが個人的には良いかなと思います。

会員カードの受け渡しは絶対にNG

会員カード
僕はピンでずっと立ち回っていたわけではなく、複数人でやっていた時期も結構長かったのでかなりシビアにやっていました。

そんな中でやはり一番気をつけて避けるべきことは会員カードの受け渡しですね。

緩いホールでは出玉共有OKで仲間内で出玉を回しても特に何も言われなかったので、現金入れないためにもやることは結構ありました。

ですが、玉を移動させるのが面倒くさいから会員カードの貯玉を渡すなどということはしませんでしたね。

基本的にはどのホールでも、会員カードは自分だけが使えるもので一般ユーザーなら渡しても見て見ぬ振りされていることもあるでしょうが、勝つために立ち回るなら絶対にやってはいけません。

よく見る光景として打ち子などを雇い複数枚のカードを配って使わせるみたいな軍団もいますが、周りからの印象も良くないですし告げ口されて出禁になることもありますからね。

僕のところではそのようなリスクは全て排除して、複数人でもそれぞれ会員カードを自分の分だけ作り自分で使える範囲で使うことを徹底していました。

露骨に抽選券を交換したり会員カードの受け渡しで打ち子を使っている風にやると間違いなく出禁になりますし、実際に常連さんに告げ口されて出禁になったグループも多く見かけましたからね。

1人でやる際には全く気にすることは無いのですが、例えば友人と2人で立ち回ってノリ打ちするなどの場合でもあまり目立つ行動は控えた方が良いです。

目先の利益を追うだけでは長く稼げない


僕は10年以上プロとしてやってきましたが、時代的にもクリーンになっており派手な揉め事や出禁などは経験せず長く立ち回ってきました。

ただ当然色々な面で警戒していますし、出玉共有や途中交代など複数人で動いてもなるべくしないようにしてきたのでその結果かなと思います。

自分の稼働地域で数店舗でもマークされて立ち回れないと、めちゃくちゃ地域を広げないといけないですし、どんどん効率が悪くなってきますよね。

ネタ台などを追いかけるグループでは甘い時期に一気に抜いてという立ち回りもありましたが、今の時代それに見合う金額が稼げるわけでもないです。

ですので、自分の行ける範囲ではしっかりルールを守りつつ、なるべく1人として立ち回ったほうがマークもされにくくなり、長く使えることになりやすいですね。

目先の現金ギャップだけを追うのではなく、ホールの厳しさによっては敢えて現金を突っ込むということも必要になってくるでしょう。