【体作り・健康】長年パチンコ・スロット稼働で生活すると疲れる理由

疲れ

僕は20代の半分以上はパチンコ屋で過ごしてきましたが、環境も悪いですし体を壊してしまいがちです。

元々店員として働いていた時代もありましたので、店員目線でも苦労はありますし、プロとして毎日通っている目線でも同じく疲れが貯まります。

こちらではそんなパチンコ屋に長くいる際に気をつけること、健康に気を遣うことを考えてみました。

実際30代になり、体の衰えは感じるので早いうちから何かしら対策をしておくことをおすすめします。

パチンコ屋で体に影響があること


今まではパチンコ屋にいて一番体の影響として心配だったのがタバコではないでしょうか。

やはりタバコを吸っていない人が入ると独特の匂いも気になるでしょうし、隣の人が吸うと注意することも出来ません。

ですが、パチンコ屋や屋内施設では2020年4月から全面禁煙となったことで、空気に関してはめちゃめちゃ綺麗になったと思います。

元にウイルス的なものも大量発生していませんし、空気清浄・台の清掃ともにトップクラスで気を遣われているということは間違いないでしょう。

ではそんな環境で体の影響として考えるなら、やはりガンガン鳴り響く音はうるさいので長く入り浸ると「耳」が悪くなる可能性があります。

そして液晶画面をずっと至近距離で見ていることによる「目」の疲れや視力の低下も考えられますよね。

後は長時間打つ際に姿勢が悪いと、肩・腰にも影響が出てくるのでこの辺は特に注意しないといけません。

体を壊すと打ちに行くことすら出来ませんし、勝つために立ち回っている場合はしっかりとコンディションを整えておく必要があると言えます。

パチンコ屋店員は意外と健康?

健康
僕は10年前パチンコ屋で数年間働いていましたが、物理的な体のダメージ以外は至って健康でした。

というのも、箱の上げ下げや巡回をしていると、間違いなく筋肉がついてきますし、当時は一番痩せていてなおかつマッチョでしたね。

歩くこと自体が体に良いですしデスクワークよりも健康になると思いますので、バイトとしてはおすすめ。

特にパチスロ好きなら巡回しながら見ているだけで楽しいですし、常連さんとの会話も僕は好きでしたね。

しいて体を壊す部分は腰・耳です。

ガヤガヤうるさいホールで基本的に店員さんはインカムを耳に付けて巡回しているので、そのイヤホン部分が汚れていると中耳炎になる可能性があります。

僕は当時イヤホンも制服やロッカーに置きっぱなしだったので、当たり前のように中耳炎になりました^^;

後は箱の上げ下げも慣れないうちは変な持ち方をして腰を壊すこともあるので、そのような職業病とも言える壊れ方には注意しないといけません。

耳に気を遣うための方法


ではお客さん、通う目線で一つずつ問題点を見てきますが、まずは爆音による耳への影響ですね。

これは単純に耳栓・もしくはイヤホンを購入して常に付けておくということが一番良いです。

耳栓だと音をシャットアウトしてくれますし、台の音だけクリアに聞きたいなら多少値段は高くなりますが、ノイズキャンセラー付きイヤホンを購入すべきですね。

僕はSONYのノイズキャンセラーイヤホンを常備して基本的には付けていくようにしていますが、雑音だけが消えて台の音は綺麗に聞こえるので重宝しています。

必須アイテム4
SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX31BN
発売日:2013年10月25日
充電時間:2.5時間でフル充電
連続再生:8時間~9時間

もっと高くて雑音を消してくれるし普段使うのであれば「AirPods Pro」などもありかなと思いますね。

これらをしていないくても影響ないと思うかもしれませんが、知らずのうちにどんどん聞こえにくくなっている可能性もあるので注意しましょう。

目の疲れも定期的にケア


僕は普段メガネはしておらず、パソコン作業や運転時に使うような軽い目の悪さですが、液晶を近くで見ているとかなり目は疲れます。

ですので目薬を常備して気になるときには使うようにしておくだけで全然違いますので、1つは持っておいて損は無いかなと思いますね。

必須アイテム7
ロートジープロc 12mL

また激しい液晶画面を見るのはパソコン作業などよりも刺激が強くなるので、ブルーライトカットされた眼鏡もおすすめ。

眼鏡を作る際にオプションとして数千円で追加することが出来ますので、普段から眼鏡をかけているならこれを追加した方が目への負担は少なくなります。

液晶をずっと見るということは普通の人よりも目に負担がある、ということは忘れずにケアするべきでしょう。

腰や肩が痛くなる原因は?

肩こり
20代前半は体力もありますし、そこまで苦にはならないかもしれませんが、20代後半から結構負担がきます。

一番良いのは普段から運動やストレッチをして筋肉量を落とさないこと、体をほぐすことをしていれば問題ないと思いますね。

僕はそれらをサボっていたので、体にガタが来て1日打ち切るとかなり肩が痛むのですが、普段からスポーツをやっている友人は全く気にならないとのことでした。

基礎体力と言いますか、普段から体を鍛えておくことでまずは根本的に改善する方法が1つです。

そして僕も意識してやっていることが、なるべく足を組まず姿勢を良くして常に打つことですね。

足を組むことでどちらかの腰へのダメージはありますし、腰の痛みから肩や首に伝染すると整体師さんからも言われました。

実際に何も考えずに打っていたら肩を壊して一時期整骨院に通っていたので間違いないです。

普段からの蓄積がどこかで爆発するかわからないので、なるべくグッと椅子を深く座ることを意識して打つ癖をつけてみてください。

1ずつ癖付けすることが大事

コツコツ
体のことを考えるとキリが無いですし、極論言えばパチンコ屋に行かず仕事以外はゆっくり休めば良いとなりますが、好きで趣味ならやめられないですからね。

長く楽しむ、勝ちを目指すためにも体は一番大事なのでこれらは少しずつ意識した方が良いかなと思います。

僕は店員時代に耳・腰を壊して、専業時代に肩も壊れたので、同じようになって欲しくないです。

慣れると手間は無いですし、耳栓・目薬・姿勢などはお金もかからず心がけることでやれる方法ですよね。

全部始めようとするとすぐ挫折してしまいますので、まずはどれか1つでも癖付けすることをおすすめします。

20代前半などでは全く気にしないですしオジサンの小言のように思うかもしれませんが、いつまでも若々しく人生を楽しむために体は大事だなと改めて思ったので気をつけてくださいね。