「爆サイ」や「掲示板」での情報収集は勝つために必須なのか?

掲示板

パチンコ、スロットで立ち回る際に、誰しも必ず目にするのが地域の掲示板。

昔は2ch掲示板が流行っており、匿名でホールの評判やイベントの結果など書き込まれることが多かったです。

今でもその流れは続いており、爆サイなど店舗ごとに掲示板が立てられ、色々な書き込みがされていますね。

勝つための立ち回り、専業として毎日通っていると、間違いなく常連さんや店員さんに覚えられて書き込まれることもあるでしょう。

そんな掲示板をそもそも見るべきなのか、立ち回りにプラスとなるのかお話ししていきます。

掲示板の9割は文句?

文句
僕も初めて行く地域や知らないホールの情報を集めるために、とりあえずホール掲示板を見ることがあります。

そんな掲示板を覗いてみると、やはりほとんどが出ないなどの文句、そして常連やプロへの誹謗中傷が多いように思えますね。

やはりパチンコ屋はお金がかかっているわけですから、負けると腹いせに書き込みをする人もいるのです。

見ていて嬉しくなるようなものではないですし、目的が無いなら特に日常的に見るものでは無いですね。

もちろん名指しややりすぎなものは通報されますし、どれだけ負けていたとしてもそれは自己責任

間違っても暴力的なことを書き込まないように。

これはTwitterなどのSNSをやっている場合も同じで、皆がやっているからと一緒になって書き込みすることも無いようにしましょう。

まあ、勝ちを目指して立ち回っているプロが自ら書き込むことはほぼ無いですね。

店舗情報は参考程度に考える


勝つために掲示板を利用することは、何かしらの店舗情報やライバル情報を引き出すことにあります。

例えば、「明日はイベ日で出るかな?」みたいな書き込みはいつもありますし、常連が周知の特定日などは掲示板を見るとすぐに把握出来ますね。

ただ抽選人数や並び、そして出玉状況などはデタラメなことが多いので、データサイトや実際に行ってみて確認する必要があります。

今ではTwitterでホールの情報を晒すアカウントも多くなってきているので、それらの情報も併せて見ていくと間違いは無いです。

たまにそのような晒しには対象になっていない、特定曜日の強さなどは掲示板の方が優秀かもしれません。

毎週金曜日はAタイプコーナーに1台設定6があるなど特定日以外にそのような使い方をするのか、噂程度に流れている可能性があるのです。

そのまま信じるのではなく、データを分析する参考にして実際高設定にたどり着いたこともありますからね。

リセット傾向や据え置き傾向、ライバル状況なども参考程度に掲示板で事前リサーチして、実際に自分で行って確かめる流れでしょう。

ライバルの多さは意外と分かる?


そんな掲示板ですが、ライバル状況は意外と分かりやすいと言えます。

掲示板が盛り上がっているほど、特定の書き込む常連勢がいるので、客は多いことが分かりますね。

天井狙いなどのハイエナをする場合には、掲示板すら流行っていないところに向かう方が、宵越しなど狙いやすくやりやすいかもしれません。

まずはこのように掲示板が盛り上がっているか否かを見て、田舎のホールでも常連さんが付いているかを把握する基準になるでしょう。

後はどのホール掲示板でも同じなのですが、専業やジグマとして常にいる人は、何かしらのあだ名が付けられて悪口が多くなることもありますね。

軍団の話なども出てきますし、毎日いて◯◯打っている話などは嘘などなく信頼できます。

だからどうだということではありませんが、昔からいる長いジグマはホールを変えることもありませんし、プロっぽい立ち回りをするので立派なライバルになります。

実際にホールにはジグマがいる、いないで立ち回りやすさが大きく変わるので、その判断にも使うことが出来ますね。

店長が露骨にイベ日を書き込んだ話

騙された
もう10年くらい前の話になるのですが、あきらかにステマっぽい書き込みがありました。

その時代にはすでにイベント告知が禁止されていたこともあり、Twitterも流行っていなかったので、店長が自ら営業することもあったのです。

僕が通っていた駅前ホールで、店員さんと仲良く稼働している際にちょくちょく話していたのですが、こんなことを言われました。

「爆サイって見てます?今日気になる書き込みあるんですけど、店側の人が書いたかもしれないんですよねー」

おそらく店長や役職の人から、爆サイを見るように常連さんへ伝えてと誘導があったと思うのですが、客全員よりもよく見る顔ぶれにだけ話している印象でした。

そして夜に爆サイを見てみると、

「明日は0の日、そう言えば末尾0のAT機が10台ありますね。0のつく日は毎回強いのかもしれない。」

今まで全くそのような傾向も無かったのが、新しいイベントの告知ですよと言わんばかりに露骨な文章が載っていました。

もちろん普通に見るとただのガセや誰かが適当なこと言ってるとしか思えませんので、人数が集まることはありませんでしたね。

結局その当時メインだった番長2や北斗救世主など、めぼしい台の末尾0は全6で友人と2人で美味しい思いをさせてもらいました。

このような事は稀ではありますが、間近の2020年でも似たような書き込みがありその通りに強かったこともあるので、意図のある店長がいるホールはチェックしておくと良いかもしれません。

悪口などは一切気にかけない事


専業をやっていると、ほとんどの人が何かしら悪い書き込みをされることが多いです。

やはり天井狙いなどのハイエナをメインにすると、ずっと徘徊しているわけですし、良釘狙いや設定狙いで勝っていると出すことが多く目立ちますね。

立ち回りや態度に問題があるなら当然改善しなければいけませんが、普通のマナーでやっていると正直出していようが関係ありません

どうしても気になるようであれば、掲示板など見ないことがおすすめですね。

後はジグマスタイルでなく、広範囲でホールを持ち立ち回っているとそれも書かれる可能性が低くなります。

それでも甘い状況なら居座ることが当然あるでしょうし、ホールからのクレームが無い限りは、掲示板の書き込みだけで立ち回りを変えることはないでしょう。

余程なことが無い限り直接声をかけられることはありませんし、ケンカを売られることもないですね。

長年ホールで立ち回っていますが、横着な態度をとらない限りは今の時代揉めることも少ないでしょう。

たまに見るくらいが丁度良い

対策メモ
僕も専業始めたばかりの頃は、周りの目が気になり掲示板を見ることもありましたが、今では全く見ません。

新しい地域や店舗開拓では最初調べることもありますが、もう慣れた地域だと掲示板の情報が欲しい場面も少なくなりました。

悪口や陰口などばかり見ているのも気分が悪くなりますし、正直最初の情報利用のためだけで良いかな。

半年に1回くらいは暇な時覗くこともあるかもしれませんが、それもちょっとした情報収集の一貫。

情報をキャッチするために視野は広げたほうが良いですがTwitterなども見始めるとキリがないですからね。

癖にならないようほどほどにして、データチェックの時間に回したほうが有効的かなと思います。