1パチ・5スロなどの低貸しで勝つことは可能なのか?

2スロ

パチンコは4円パチンコ、スロットは20円スロットが主流のレートですが、1パチ・2パチ・5スロ・10スロなど低貸しコーナーもどんどん増えてきています。

お金のない学生や長く遊びたい年配の方など結構人気があり普通のコーナーより盛り上がっている印象ですね。

そんな低貸しをメインとして狙い勝つことが出来るのでしょうか?

今回はプロが低貸しコーナーを狙うのか、勝つとしたらどのような立ち回りをするべきかお伝えしていきます。

レートにより期待値は当然変わる


まずは大前提として勝つためにはホールが用意してくれる良台を打つこと、また潜伏や天井など美味しい状態を狙い続けることしかありません。

それだけをやっていると期待収支がプラスなので続けることにより勝つことが出来るのですが、期待収支とはレートにより当然変わります。

例えばスロット天井狙いで期待値+100枚見込めるとしても、20スロなら2000円ですが、5スロなら500円にしかなりませんよね。

同じように1日パチンコを打って期待収支が7500玉だとしても4パチなら3万円、1パチなら7500円とバイト代にすらならない期待値になってしまいますね。

自分がどれだけ勝ちたいかによっても変わってきますが、トントンやプラスを目指すこと自体は可能だが大きく勝つことは低レートだと難しいと言えるでしょう。

もちろんこれに換金ギャップなども入ってくるので、非等価の地域ではさらに勝つ見込みが低くなる可能性もあります。

初心者の練習には非常におすすめ


パチンコ・スロットで勝つためにはある程度長時間打つ体力や打ち方なども身に着ける必要があるので、慣れるためには良い場所ですね。

ゲーセンで練習するくらいなら多少なり投資が返ってくる見込みがある低貸しに通った方が良いです。

また、釘を甘く使ってるホール、スロットで高設定を使ってくれるホールを探しながら立ち回るということをすれば本番の練習もできますね。

天井狙いなども低貸しなら狙いやすいと思いますし、狙っているライバルも少なめなので資金がないうちは全然ありだと思います。

4パチ・20スロには長くやっている専業勢も多いですし、ちょっと行っただけでは結果も出にくいので資金も数十万は最低必要になってきますから。

そこまで無理できないけど勝つ能力は身に着けて行きたいという方には最適な練習場所ではないでしょうか。

良台を使ってくれるホールは少ない?

設定6
ただし注意点として低貸しコーナーに力を入れるホールなのかを把握してから狙う必要があります。

パチンコなら何度か打って回る台、そしてイベントなどでしっかり釘調整されているのかを見極めてから1日打つべきです。

スロットの設定狙いだと6号機なら確定演出も出やすいし、グラフでも分かりやすい機種も増えているのでデータをこまめにチェックしておきましょう。

僕が今まで見てきた中では、やはり4パチ・20スロに比べると力を入れているようには見えず、遊ばせて回収している場所として全く触らないホールも多いですね。

客層が甘くライバルが少ないので、どちらかと言えば天井狙いなどのハイエナがメインとなる気もします。

それならそれで割り切ってハイエナ稼働として低貸しがあるホールを回るというのも作戦の1つですね。

ライバルが少なくなる理由

ポイント
低貸しはライバルが少ないとお伝えしましたが、それは当然期待値が下がりバイトより時給が悪くなるから。

プロ専業としてピンであれば時給3000円くらいの立ち回りが出来ているとレベルがかなり高いと言えますが、同じような動きをしても1/4の収支になってしまいます。

それほどまで上手くても時給750円だと正直勝ちを目指すならやる価値はないですよね。

もちろん今まで負けていた人が年間プラスを目指す、初心者で慣れつつなら勝てるだけでも十分です。

ただ中級者以上になってくるとやはりメインである4パチ・20スロを攻めるようになるため、どんどん低貸しが手薄になるというわけですね。

結局ライバルが多すぎる環境だと立ち回りも出来ないので、低い時給だったとしても収支がプラスに向かうのであれば低貸しを狙う十分な理由となるでしょう。

プロでも低貸しを狙うことがある?


僕は10年以上勝つためにパチンコ屋へと通っていましたが、低貸しを打つこともありました。

ただ良釘狙い・設定狙いをすることはなく、期待値がめちゃくちゃ高い天井狙い・潜伏狙いなどで局所的に狙った形が多かったです。

例えばパチンコであれば潜伏確変がかなり美味しい「ミリオンゴットライジング」「ミリオンゴットディセント」は低貸しコーナーも覗いていました。

またスロットであればゴッドシリーズの1000Gハマり超えなど、1/4で考えても時給2000円を越えるような期待値の場合はピンポイントで狙うということですね。

10スロ専門店など、レートが1/2にしかならないのでお宝台が結構拾える印象もありました。

普通の立ち回りでもそうですが、ライバルが少ないホールや客層が甘いホールを見つけることがやはり勝ちに近づきやすいです。

低貸しだからと嫌煙してスルーするのではなく、甘い機種や客層の甘さなど行って確認しないと見えてこない場合もあるので、空いた時間にリサーチすることもおすすめですね。

特に再プレイが可能で、普通のレートと併設されているようなホールでは移動しなくてもいいのでチラッと覗くことも多いです。

使える額や勝ちたい金額と相談


僕もお金が全くない大学生のころ、5スロや10スロで遊びながら散財してしまった時代もありました。

趣味の遊び打ちとして余裕のあるお金を消費する前提なら問題ないのですが、勝ちを目指すならやはりそれなりの努力はしないといけません。

割り切って勝つ立ち回りを身に着けるのは最初難しいですが慣れると資金にも余裕が出てきて、低貸しでなく普通のレートでも狙えますからね。

もし軍資金が少ない、まだまだパチンコ・スロットのについて詳しくないという場合には低貸しコーナーから攻めてみて良いと思います。

時給や効率というのは後から考えれば良いことですので、コツコツスキルを身に着けつつ軍資金を貯めていくことをおすすめします。

やはり余裕がないうちから4パチ・20スロを攻めてしまうと数万負けを繰り返しただけでメンタルが崩れて勝てなくなってしまいますから。