スロットの変則押しペナルティが存在する機種は?わざとやり枚数UP?

2020年6月19日

注意

スロットには目押しを身に付けて小役をこぼさないように打つことが必須になりますが、それ以外にも指定がある図柄を狙う・押し順を守る理由があります。

それが機種ごとに決められているペナルティを回避するためということですね。

こちらではどのような理由でペナルティになってしまうのか、そしてどの機種を注意すれば良いのかを詳しくお伝えしていきます。

中にはペナルティをわざと発動させてベルが揃い得をすることもあるかも・・・?

スロットにペナルティがある理由

何故
初心者がスロットを打つ際にはペナルティには気をつけないといけません。

機種ごとにより影響は変わってきますが、とりあえず打ち手にとってデメリットになることばかりですね。

何故そのようなシステムが搭載されているかというと、「検定」の問題をクリアするためでしょう。

パチスロの新台を作るには、その時期に決まった規則の中で作らないといけません。

規則というのは規制とも呼ばれていますが、例えば6号機だと有利区間が設定され1500G、2400枚までしか一撃で続かないようになりましたね。

その規制を守るために、上手く調整するために押し順を縛ったりペナルティを付けたりするわけです。

メーカーも悪意があってペナルティを付けているわけではないということは知っておきましょう^^;

遊戯性を高めるため、厳しい規制の中でゲーム性を豊富にするための努力の結果として仕方なく付けられたものということですね。

ペナルティの種類と影響

種類
では実際にペナルティはどのような物があるかパターン別にお伝えしていきます。

機種によってペナルティがそんざ良く打つ機種はどのようなことに注意するか知っておきましょう。

1.変則押しによるペナルティ

ペナルティ
まずは通常時、左リールから押さずに中・右から押してしまうことによるペナルティ。

これは5号機に多く6号機では全く見られませんが、5号機AT機ではわざと通常時の押し方を縛ることによって一撃性を増しているということです。

長くスロットを打っていると一番経験するペナルティではないでしょうか?

機種によりますが、1回ミスするごとに数ゲーム間無抽選、天井までのゲーム数が伸びるなどの弊害があるので、必ず左リールから止めるように意識する必要がありますね。

2.押し順無視によるペナルティ

押し順 ペナルティ
AT・ART機でよくあるのが押し順ナビを無視することによるペナルティ状態です。

6号機などは基本的に押し順を守ることにより15枚獲得できることがほとんど、それを無視すると15枚獲得できないだけというものが多いですよね。

ペナルティというのはもっと重く、5号機のART機で押し順ミスをするとその後復帰まで一切リプレイが揃わないなどの制限がかけられる場合があるのです。

詳しく知らなくても何かしらの機種で経験したことがあるのでは無いでしょうか?

厳密に言えばベルナビは無視してもセーフ、リプレイナビで無視すると通常状態に転落、次回の突入リプレイを引くまでは通常状態になるなど間違いなく大損。

ですので、どんなことがあろうと押し順ナビは守るように心がけておくと良いでしょう。

3.特定図柄揃いでのペナルティ

ゼロボ
これは通常時・AT/ART中どちらも言えるのですが、ある図柄を停止させてしまうことによりペナルティが発動するパターンです。

例えば通常時は必ずBAR狙いをしないとダメなど言われている機種は、それ以外のフリー打ちをしてしまうとペナルティ図柄が揃ってしまう可能性があるから。

また、AT・ART中に白フラッシュしたら、必ず左リールにBARを狙うなど言われているときも同じですね。

6号機になっても「蒼天朋友」「ビンゴギャラクシー」などに存在するペナルティで、これも遊戯する前に打ち方を見て従うようにしましょう。

4.演出上狙えを無視したペナルティ?

演出無視
最後は逆にペナルティじゃないパターン。

AT機それも擬似ボーナスと呼ばれるものが搭載された機種では、ボーナスを狙えと言われて揃わなくても勝手にATスタートすることもありますよね?

同様にRT機なども表面上は押し順ナビが出ていたとしても、内部的にはどこから押してもただのリプレイなので無視して問題ないという機種もあります。

ただそれら仕組みを完璧に理解して、効率よく回す場合以外には普通に狙って、押し順出たらしっかり守った方が安心ですね^^;

5号機でペナルティが存在する機種

ミリオンゴッド~神々の凱旋~
設定 AT初当り
1 1/525.4
2 1/476.0
3 1/487.5
4 1/370.7
5 1/361.8
6 1/274.7

では5号機で実際にペナルティが存在する機種、「ミリオンゴッド神々の凱旋」から説明していきます。

凱旋は5号機のAT機で、通常時の変則押しは厳禁となり左リール第一で停止させる仕様なっていますね。

そしてAT中に押し順ナビも出ますが、無視すると本来得るべきだった枚数も獲得できない可能性もあるので、最新の注意を払って打つ必要があるでしょう。

ただ目押しが不要な機種なので、その2つさえ守ると初心者でも何も考えず打つことが出来ますね^^

  • 通常時ペナは次ゲームから数ゲーム無抽選
  • ペナ中に確定役など引いたら無演出・不成立
  • 数ゲーム間の無抽選により天井G数が伸びる
  • AT中は枚数を損するだけ
  • G-ZONE中ペナで通常に戻り潜伏する可能性

自分でペナルティを意図的にしたことが無いので色々と調べた限りの情報ではこんな感じです。

ペナルティをしたからといって数十ゲームも無抽選になるというわけではなく、ランダムで数ゲームの間無抽選になる可能性がある程度みたいですが、やはりしないに越したことは無いですね。

当然ですがペナ連打をわざとすると、その間AT抽選は行われてないですし、天井もあり得ないくらい伸びてしまう可能性もあるということ。

AT中に関してはそこまで大きな損もなく、G-ZONEでペナってしまってもしっかり回せば通常に戻ったとしても残りストックが放出されます。

6号機でペナルティが存在する機種

蒼天の拳~朋友~
設定 AT初当り(引き戻し込み)
1 1/213.1
2 1/207.5
3 1/201.5
4 1/187.8
5 1/180.2
6 1/172.1

6号機にてペナルティが存在する機種で有名なのが「蒼天の拳~朋友~」です。

こちらは変則押しや押し順ミスのペナルティではなく、特定図柄が入賞することにより無抽選ゾーンに入ってしまうタイプになっていますね。

蒼天の拳 朋友 ペナルティ

複雑な仕組みなのですが、「狙え」と言われた時以外に誤ってこのバトルボーナス図柄を揃えてしまうと、自力で154枚の払い出しを受けるまでモード移行や初当りの抽選を受けれなくなってしまいます。

更にこの図柄が入賞されることにより、天井ゲーム数もリセットというような鬼畜使用なのですね。

このような台は稀ですが、何も知らない状態で適当に回し始めるよりも、通常時の打ち方や注意点をある程度知った上で回していくことをおすすめします。

最初に打ちながらゆっくり調べているとその間にペナルティになってしまう可能性もあります^^;

「ペナヤメ」にて得する場合がある?

得をする
まずはじめに言っておきますが、ペナルティは意図せず起こるものとして通常遊技とは異なること。

普通に遊戯する場合にはペナルティは避けるべきことで、わざわざペナルティをするというのは周りの目や店員さんの目を引く行動となり目立ってしまいます。

ですので、これは極力避けるというより、やらない方が得策の方法ですね。

ただ調べて色々気になるでしょうから、有名なペナルティにて得をする機種だけ挙げておきます。

初代魔法少女まどかマギカ

MB成立の次ゲームで中押しをする。通常時は基本的に14枚払い出しだが中から押す事で13枚⇒14枚の2ゲームになることがある。

またボーナス・ART後に内部RT状態から転落する前にペナルティをする。ベルこぼしを引くまで内部RT状態は続きMBやベルなどを効率的に拾いやすい。ベルこぼしが出たら終了。

ミリオンゴッド神々の凱旋

ストックが複数あり閉店が近い時、G-ZONEでペナルティ・順押しを交互に繰り返す。抜けて通常に落ちるので、そこからも繰り返して32Gほどでヤメ。見た目上は普通に終わったように見えるので据え置き店なら次の日残っている。

詳しいことは端折ってますが、要は通常遊技とは異なるペナルティを利用して上手く枚数を稼いでいける方法もあるということですね。

ただし冒頭でも言った通りですがペナルティは警告音も酷いですし、見られると最悪出禁にもなるような通常遊技から外れた方法です。

調べたり把握したりするのは自由ですが、ホールではわざわざやることは無いかなと思っています。

正攻法で勝ちを目指すことが一番

ひらめき
いかがでしたでしょうか?

ペナルティで得をするパターンもあり、正攻法から外れた「攻略」と呼ばれる裏ネタで稼いでいる人もいますが、素人が真似することでは無いです。

慣れていない人がやれば手順などちょっとミスしただけで結構な損をすることになるので、よくわからない場合やらない方が良いですね。

ですのでメーカーや遊戯説明書で注意されていたら、黙ってそれに従うことが一番期待値が高い行動だと僕は思っています。

天井狙いやゾーン狙いなどはそもそも台の仕様を狙うのでルールに則ったものになりますので、ペナルティなどは極力控えつつ、正攻法で勝ちを目指す方法を身に付けて行きましょう!