「増台」は罠?人気な機種が増える新台入替を狙う方法

増台

新台入替には様々なパターンがあり、最新台だけを導入するだけでなく、昔からある機種を入れること、そして人気機種を増台することがあります。

特に増台は人気機種に多く、元々10台だったのを20台に増やすということをよくやると思います。

そんな増台ですが、増やすことは稼働を上げる、すなわち利益を取れる機種だと考え導入するということ。

果たしてそのような台で還元してくれるのでしょうか?

増台は一見アツいように見えるが


増台は新台入替の時期に導入して、その後更に増やすということ。

最初はホールも予算や在庫の問題で、5台しか買えなくても、メーカーが増産・新パネルで販売などあり更に増やせるという仕組みですね。

やはり人気で稼働が上がる機種を沢山置くことにより全体の稼働も上がるので、ホールとしては是非とも入れたいと考えるでしょう。

マイナー機種を増台することはほとんどなく、その時期に話題となり稼働が見込まれる台しか増台しません。

ですので、増台=そのホールのメイン機種で甘く使うかもしれませんが狙う価値はあるのでしょうか?

僕はスロットメインでしたが、台数が多いほどいくら増台しても狙うのは難しいという結論に至りました。

パチンコの増台はそれなりに狙える?


まずはパチンコの話からしますが、増台といえばやはり人気機種の北斗シリーズ、シンフォギアシリーズなどが印象に残っていますね。

北斗無双が片島だったのに1島丸ごとになった増台などは、やはり全体で良調整になりやすいので、軍団が押し寄せることも多かったです。

実際に元々甘い機種に関して増台するならホールによってはかなり狙い目になると思います。

とはいえ日当で3万円を超える台があるかといえば難しく、やはり時代的に日当見込み1万5千~2万という調整が多くなってくるのかもしれません。

全盛期に比べるともちろん稼げる金額は少なくなっていますが、スロットに比べると目に見えて期待値・仕事量が分かることが魅力的。

ライバルもスロットより少なく抽選で負けても座りやすいというのも大きなメリットと言えるでしょう。

スロット増台狙いが難しい理由

何故
スロットの増台は人気機種が5台から10台、20台が40台へ増えるというものが多いです。

今までだと「バジリスク絆」「番長3」「リゼロ」などが全国的に増台を繰り返したのでは無いでしょうか。

他にもホールによりちょっと増えるような機種もありますが、様々なデータを取り続けた結果、20台以上など台数が多い場合そこまで狙えないと思ってしまいました。

その理由は、決して増台分だけが強いわけじゃなく島全体のベースをちょっと上げるくらいだからですね。

例えば10台⇒20台に増台されたとき、増台分が全て設定456になるというわけではなく、あくまで20台中5台くらいが設定456で他はハズレみたいな形です。

実際当たりはもっと少なく20台中2台しかないというホールも結構多く、それなら全く狙う価値はありません。

もし増台を狙うのであれば、「増台した際には島真ん中に入りやすい」などプラスアルファの癖を知らないと割に合いませんからね。

後注意点として島全体のベースが高いから、ちょっと判別が良かったら無駄に続けてしまうという見切りにくさも発生してしまうので個人的にはやりにくいです。

少数台なら全台系も考えるべき?

スロットコーナー
そんなスロットの増台で1番狙いやすいと言えるのが、2台⇒5台などの台数が少ないパターンのホール。

間近の話で言えば、6号機のリゼロなど大手は島で確かに設定は入ってるけど、毎回ランダムで使われており中々狙う機会がありませんでした。

ただ過疎店で設定を使う前提のホールは、2台⇒5台に増やしたら全456をしてくれたりアピールをしてくれるところも多かった印象です。

やはり一般ユーザーは大手チェーンや台数が多いところで勝負しにいくことが多いので、台数が少ないと設定的にアピールして客を付けるしかないという作戦ですね。

「あの店が増台したときは狙える」結局このような根拠を持っていくべきということですね。

そして狙う際には、5台なら何台高設定を使うのか?という配分傾向も予めしっておかないと、設定判別で騙されることもあります。

全台系狙いや末尾狙いが安定する理由は、自分の設定判別というよりも状況から押し引きをするということなので、それを知らないと戦えません。

根拠よりも何台中何台当たりかを知る


設定狙いには根拠が必要とよく言われていますが、狙い台の精度よりも配分を知る方が戦いやすいです。

例えば5台中に1台しか設定6が入らないのであれば、自分が設定4っぽい動き・他の台が全くダメだと自分のが当たりという可能性が高くなりますね。

逆に自分が設定4っぽい動きで悩んでいても、他の台で設定6確定が出ればすぐにヤメることが出来ますから。

増台するパターンは人気機種が出たタイミングだけで、毎月あるわけではありませんし、新台入替の5回、10回に1回くらいしか無いと思います。

それは時期によっても配分が変わってきますし、力を入れたい機種なのかどうかも変わってきますよね。

ですので、増台は配分が未知数だから判別負けする可能性が高くなり狙いにくいという結論です。

もちろん増台=特定の場所に高設定という昔からのデータがあるのであれば、その中でもピンポイントで狙っていけば良いと思いますよ。

逆にそのようなピンポイント情報を持っていると、ライバルが狙いに来なくなるのでおすすめです。

結局は細かいデータを持っていると有利


今では経験が増えそこまで細かくデータも取らなくなりましたが、専業ガチガチでやっていたころは増台だけのデータも纏めていました。

いくら増えてもベースが分からなく狙えないホールもありましたし、逆に増台すると増台分に必ず1台は使ってくれるホールもありましたね。

1度そのパターンを覚えてしまうと、その地域で稼働し続ける限りは覚えておけますし、僕もある程度覚えてきましたので軽く行くときに役に立っています。

ただまだ初心者で地域のホール把握や癖を知らない場合には、まずそれらを少しずつ把握しておかないと、ただの設定判別に頼った立ち回りは結構危ないです。

これがスロットの難しいところで、増台などメイン機種がアツい時期に関してはパチンコの方がやりやすいかもしれませんね。

とにかく正攻法で勝つためには良台が用意されるパターンを複数持ち、ライバルがいないところを選べることですので、空いた時間にはデータ整理して常に把握しておくことをおすすめします。