【勝ち方解説】夏休みやお盆期間がある8月はパチンコ屋で回収なのか?

お盆

8月のお盆期間は会社でも休みのことが多く、学生も当然夏休みでほとんどが休みの状態です。

年末年始ほどではありませんが、大型連休として財布の紐が緩む傾向にあり企業にとっては稼ぎ時であることは間違いないでしょう。

パチンコ・スロットで勝つためにはやはりホールの状況を見極めていかないといけませんが、果たして回収期に入るのでしょうか?

こちらではパチンコ屋でお盆期間や夏休みに該当する8月に立ち回る方法をお伝えしていきます。

連休では回収することが一般的

下ブレ
日本で代表する連休といえば、GW(ゴールデンウィーク)・お盆・年末年始の3つで一般的な会社だと休みのことが多いです。

休みの人が多いということで、パチンコ屋はいつもより当然お客さんは増える傾向にあり、人気店は空き台が無いほど盛り上がることもあるでしょう。

そんなパチンコ屋ですが、利益を出すために営業していることが前提のため、これらの大型連休は「回収期」として還元されない傾向にありますね。

要はパチンコなら釘状況・スロットなら設定状況が悪くなり、普通に打ったとしたら平常営業よりも負けやすいということになります。

休みだからひと勝負しに行こうと思うこともありますが、勝ちを目指すなら普段よりシビアに立ち回りしないと負けやすいということをまずは知っておきましょう。

正直8月は学生も増えるため、他の月よりも中々立ち回りにくい状況であると言えるでしょう^^;

お盆で回収される期間は?

期間
お盆期間は毎年8月13日~8月16日とされており、土日との絡みもあるので1週間ほど考えておくと良いです。

例えば1の付く日が特定日だと8月11日、7の付く日が特定日の場合は8月17日も普段よりベースが下がる可能性があるので注意が必要ですね。

  • パチンコの釘が悪くなる
  • スロットの設定が悪くなる
  • 人が増え競争率が高くなる

ただ単に状況が悪くなるだけなら、毎回しっかり還元される鉄板機種などを狙えばいいだけなのですが、人が増えるということも問題ですね。

僕は毎年経験して慣れていますが、お盆期間などは意外と帰省してヒマな人も多く、パチンコ屋はかなり盛り上がっている印象です。

良釘狙いや設定狙いをメインとしたプロや軍団はこの期間休むことが多く、一般ユーザーばかりが増えるということで上手く立ち回ると意外と狙い目です。

ただしせっかく行ったのに人が多すぎて抽選で負けて座ることすら出来ない、という事も考えられるので向かう際には注意しましょう。

実際に回収されているホールデータ

レート
僕は良く行く優良店などは、仕事の合間にしっかりとデータチェックをして常に戦える状態にしています。

どちらかと言えばスロットの高設定狙いになりますが、還元する日や絶対に回収する特徴などを掴んでいるとかなり立ち回りがやりやすいですね。

間違いなく常にお客に還元してくれているようなホールでも、お盆期間になると急に回収モードに入るので細かいデータを持っていると中々面白いです。

今回はそんな極端なデータをグラフにしましたので、まずはこちらをご覧ください。

とあるホールの8月データ

スロット差枚データ
※スロットの差枚数、上が客のプラス

設置されているスロットの全台差枚を合計したものをグラフにしており、上に伸びているのは客のプラスなので非常に高還元の優良店です。

そしてチラホラ合計でマイナスの日もありますが、お盆期間にあたる8月14日~8月16日の3日間は超ド回収ということが一目瞭然ですよね。

こんなに極端なパターンは珍しいですが、釘調整・設定調整でここまで大きく変えられるというのは、やはりホール選びも重要となってくるでしょう。

回収濃厚なホールへと設定狙いで向かったとしても、明らかに設定が入っていない状態も考えられる時期ということです。

一番効果的な立ち回りはハイエナ


年末年始の立ち回りでもお伝えしていますが、正直この期間に正攻法で勝とうと思うのちょっと厳しいです。

ただ厳しくなるのは釘状況・設定状況ですので、全台設定1でも問題ないスロットの天井狙いなどは非常に有効な立ち回りになるでしょう。

そしてこの美味い部分だけ狙う方法ですが、知識が少ない人が増えるほど知っている人は得をするということ。

大型連休でちょっと遊びに行こうという人は、知識が少ない場合が多く、過疎ホールを覗きに行くと天井に近い台が何故か空いているなどの美味しい台を見つけることも出来るのです。

優良店や大型店の場合はそれどころじゃないくらい人が集まっていますので、普段お客さんが少なく据え置きメインのホールなどを狙うと期待値プラスの台がゴロゴロある可能性も高いですね。

もしそれをやらずに勝ちたいと思うなら、正直大人しく打ちに行かない方が良いまでありますね^^;

学生が増えるというのもデメリット?

メリット・デメリット
お盆期間は1週間近く注意しておけば良いのですが、8月は夏休みに該当して大学生が毎日来るようになるなどライバルが増える可能性もあります。

スロット天井狙いをする若い人も増えてきていますので、春休み・夏休み・冬休みに該当する期間は若い人がウロウロしている事も良く見かけますね。

ただ長いプロというわけでは無いので、知名度の高い優良店に集まる傾向があると言えるでしょう。

それだけ人が増えた状況でも、僕が長くメインとして使っている田舎の方の過疎ホールなど、車必須で学生が少なく甘い状況のままです。

逆にこれを読んでいる学生さんで勝ちを目指したいというなら、人が集まらないような車でしか行けない郊外のホールへ向かうこともおすすめ。

人が増えるのはデメリットではありますが、一時的なライバルはどの期間でも増えてきますので、立ち回れる持ちホールが沢山あるほど時代に左右されません。

換金ギャップを知らないと大きく損する


地元に帰る人もいるでしょうし普段からあまり通っていない人もせっかくの機会だからと遊びに行くことも多いでしょう。

そんな人でも損しないためには、短期間でも貯玉・貯メダルを利用することをおすすめします。

等価交換の地域だと何も考えず問題は無いのですが、交換率が悪い地域というのは現金を入れるたびに損している状況になってしまいますね。

極端な例で、初日に11000枚という大爆発をして5.5枚交換の20万勝ちを経験したとしましょう。

そこから1週間通い続けて10000枚(20万)をひたすら入れ続けて負けると全てチャラになりますよね。

ですが、11000枚を貯メダルしていたら、10000枚消費しても1000枚残っているという何回も打つなら間違いなく貯めた方がお得です。

すぐに現金を手にしたい気持ちも分かりますし、期間限定で面倒くさいと思う人もいるかもしれませんが、連日行く予定なら確実に会員カードを作成して貯めておくことをおすすめします。

現金ギャップは別記事で詳しく解説しています。

【徹底解説】スロット1枚いくら?メダル単価(レート)と交換率の仕組み

夏は体調管理にも要注意!

体調管理
ホールがお盆は回収で立ち回りは天井狙いなどがおすすめと言いましたが、真夏で暑い中で何店舗もぐるぐる回るとかなりキツいです^^;

慣れていれば問題ないのですが、例えば車移動で熱々の車内と涼しいホールを行ったり来たりするので、温度差で体力がもっていかれることも結構あります。

そして朝の抽選や並び順のホールへ向かう場合には、30分や1時間待機する場面もありますので、こまめな水分補給は忘れずにしましょう。

パチンコ屋はガンガンに冷房効かせているので、夏でもちょっとした羽織物などを持っておかないと半袖だと逆に寒いなど感じる人も多く風邪の元です^^;

僕も長くパチンコ屋で勝つために立ち回ってきましたが、自分の体は大事になってくるのでしっかり水分補給・ご飯を食べましょう。

体調崩しては負けることよりもっと酷いですから、ちょっと違和感を感じたら休みながら無理せず立ち回ることをおすすめします。